ヨーグルトはがんに効く?研究データを詳しく解説

がん治療にプラス免疫~免疫療法のすべて~

これから癌を克服していこうとする人たちへ

がんの3大治療と免疫療法の関係

閉じるボタン

免疫療法のすべて » がんに効く食べ物 » ヨーグルト
  

ヨーグルトはがんに効く?

整腸作用が高いことで知られるヨーグルト。しかし近年の研究により、ヨーグルトは整腸作用以外にも、乳がんや大腸がんの予防作用が期待できる食材としても注目を集めています。ここでは、ヨーグルトに期待されるがん予防効果について、学会や研究者の報告をもとに詳しく解説します。

ヨーグルトとは

ヨーグルトとは、牛やヤギなどの乳に乳酸菌や酵母を混ぜて作る発酵食品のこと。その起源は今から7000年ほど前とされ、乳に偶然入り込んだ天然の乳酸菌により、最初のヨーグルトが生まれたと言われています。

一般にヨーグルトは、乳酸菌やビフィズス菌による整腸作用があることで知られていますが、もともと原料が乳であることから、豊富なビタミンやミネラルによる健康効果も期待できます。特にカルシウムの含有量が非常に豊富で、ヨーグルト100gあたりに120mgも含まれています。カルシウムには、骨を丈夫にしたり大腸がんを予防したりする効果があると言われているため、健康のためには、日ごろから積極的にヨーグルトを摂取したいものです。

なお市販のヨーグルトを牛乳に混ぜ、自家製ヨーグルトを作っている方も多いようですが、自家製ヨーグルトには大腸菌の混入リスクがあるので注意してください。自宅でヨーグルト作りに挑戦する場合は、食器や手をよく洗い、清潔な環境を整えるようにしましょう。

ヨーグルトががんに効果的とする根拠

ヨーグルトを含めた乳製品全般とがんとの関係について、国内外では多くの研究が行われています。しかし、結論から言うと、これら研究はまだ途上の段階と言わざるを得ません。研究者や研究機関の違いにより、見解が異なっているのが実情です。

今後の研究の進展に期待しつつ、現段階で、乳製品とがん予防との関連に触れているコメントをご紹介します。

カルシウムに大腸がんの予防効果があるとの報告

乳製品に豊富に含まれているカルシウムに大腸がんを予防する働きがあることは、日本ではほとんど知られていません。しかし、世界の疫学研究を集約したがん予防に関する報告書によると、カルシウムによるがん予防との関連は「ほぼ確実」との評価です。

以下、カルシウムと大腸がん予防との関連を専門に研究を続けている、国立国際医療センターの溝上哲也氏によると、カルシウム摂取量ごとに分けたグループで調査した結果、もっとも摂取量の多いグループは、少ないグループに比べて36%も大腸がんリスクが低下していたそうです。

カルシウムの摂取量については、最も少ないグループ(男性:464mg/日未満、女性:535mg/日未満)から最も多いグループ(男性:795mg/日以上、女性:842mg/日以上)まで5つに分けて調べたところ、最も多いグループは最も少ないグループに比べて大腸がんのリスクは0.64倍、つまり36%もリスクを低下させるという結果になりました。(中略)

ヨーグルトは腸の健康に良い影響を与えることが報告されていますから、単独で調べてみる必要がありますね。また今回の調査の対象者のうち、がんの人は腸の調子が悪いと自覚してヨーグルトを積極的に摂取していた可能性もありますから、その行動が結果に反映されているのかもしれません。

引用元:一般社団法人全国発酵乳乳腺金飲料協会「カルシウムとビタミンDの大腸がん予防効果」

なお溝上氏は、カルシウムだけではなくビタミンDも大腸がんの予防に良いと説明しています。

ビタミンDは食事から摂取する方法のほかにも、日光を浴びることにより、体内で生成させることのできる成分。外出する機会が多い人は日光でビタミンDを作り、外出する機会が少ない人は食事からビタミンDを摂るよう推奨しています。

ヨーグルトには乳がん予防作用があるとの報告

日本乳癌学会は、日頃から乳製品全般を多く摂取している人において、乳がんの発症リスクが低下するとの見解を示しています。以下、同学会の公式HPからコメントを引用します。

過去には乳製品は乳がんの発症リスクを高めるという報告や低くするという報告などさまざまあり,この関連性を見出すことは困難でした。しかし,最近の研究報告で,乳製品全般を多く摂取している人は摂取の少ない人に比較して乳がん発症リスクが少し低くなることが示されました。牛乳に限っては明らかな傾向は認められませんでした。

引用元:日本乳癌学会公式HP「Q1. 食生活と乳がん発症リスクとの間に関連はありますか。」

なお同学会では、①低脂肪乳を摂取している人に乳がんの発症リスクが低いこと、②閉経前における乳がんの発症リスクが低いこと、③脂肪を多く含む乳製品の摂取は乳がんの発症リスクを高めること、を併せてコメントしています。

ヨーグルトの摂取方法

ヨーグルトには様々な味が用意されているため、一般的には、ヨーグルトを購入した状態のまま食べる人が多いことでしょう。

一方で、プレーンヨーグルトを購入して、さまざまなレシピにチャレンジしている人もいます。たとえば、ケーキの生地に和えたり、スムージーを作ったり、カレーに混ぜたり、などです。味の付いたヨーグルトを凍らせて、シャーベットのように楽しんでいる人もいるようです。

ヨーグルトは汎用性の高い食材なので、各ご家庭で、さまざまなレシピを楽しんでみてください。

一方で、「美味しいから」「体に良さそうだから」などという理由で、ヨーグルトに偏り過ぎた食生活を送ることのないようにしましょう。大阪がん循環器病予防センターでは、1日の理想的な食事のバランスとして次の5つを挙げています。

  • 主食(ご飯中盛りなら4敗程度)
  • 副菜(野菜料理を5皿程度)
  • 主菜(魚料理や肉料理なら3皿程度)
  • 牛乳・乳製品(牛乳なら1本程度)
  • 果物(みかんなら2個程度)

がん予防を始め、健康な体を維持するためには、バランスの取れた食事が大切です。

ヨーグルトを摂取する際の注意点

乳製品は前立腺がんのリスクを上昇させることがある

がんに対して効果的とするデータが報告されている一方で、乳製品を摂取しすぎることが、前立腺がんのリスクを高めてしまうという指摘もあります。

牛乳やヨーグルト、チーズといった乳製品の摂取量と前立腺がんの関連性を調査した研究では、もっとも摂取量の多いの多いグループが、少ないグループの1.5倍から1.6倍ほどリスクが高くなったという結果が報告されています。

乳製品、牛乳、チーズ、ヨーグルトの摂取量によって4つのグループに分けて、最も少ないグループに比べその他のグループで前立腺がんのリスクが何倍になるかを調べました。その結果、乳製品、牛乳、ヨーグルトの摂取量が最も多いグループの前立腺がんリスクは、最も少ないグループのそれぞれ約1.6倍、1.5倍、1.5倍で、摂取量が増えるほど前立腺がんのリスクが高くなるという結果でした。

引用元:国立がん研究センター「乳製品、飽和脂肪酸、カルシウム摂取量と前立腺がんとの関連について」

乳製品の摂取と前立腺がんのリスクとの関係については、海外でも多くの研究機関が指摘しています。

乳製品が前立腺がんのリスクを高める理由としては、①カルシウムと前立腺との関連、②血中ビタミンDの濃度低下、③男性ホルモン・テストステロンの濃度上昇、などが挙げられています。国立がん研究センターでは、これら3つの理由のうち、日本人の場合は③の影響を強く受けている傾向がある、との見解です。

参考文献・参考サイト