ピーマンはがんに効く?研究データを詳しく解説

がん治療にプラス免疫~免疫療法のすべて~

これから癌を克服していこうとする人たちへ

がんの3大治療と免疫療法の関係

閉じるボタン

免疫療法のすべて » がんに効く食べ物 » ピーマン
  

ピーマンはがんに効く?

いつでもスーパーに並んでおり、食卓に並ぶ機会も多いピーマンは、私たちの生活に非常に関わりの深い野菜であると言えます。このピーマンにはビタミンA・C・Eをはじめとする多くの栄養素が含まれていることが大きな特徴。その中にはがんに効果があると言われている栄養素もあり、注目されている野菜でもあります。そこでこの記事では、ピーマンにはどのような働きがあるのかについて、さまざまな研究報告をもとに見ていくことにしましょう。

ピーマンとは

ピーマンとは、ナス科トウガラシ属の野菜で、その名の由来はフランス語の「piment(ピマン)」であると言われています。 全国的に生産されていますが、日本での主な産地は茨城県と宮崎県。ハウス栽培も多く行われていることから一年中スーパーで買うことができる身近な野菜ですが、露地栽培のピーマンの旬は6月から9月。「夏野菜」の代表格で、夏の時期が最も多く出回る時期となっています。

ピーマンには、「ファイトケミカル」と呼ばれる植物性栄養素が含まれています。このファイトケミカルには下記のような作用があると言われています。

ファイトケミカルには、感染予防や遺伝子を傷つける物質から体を守る抗酸化作用、発ガン物質を体なら排除する酵素の働きを活性化させたりして、がんを予防する効果があるといわれています。

引用元:総合南東北病院「健康倶楽部 抗がん作用のあるファイトケミカル」

ピーマンは、がんを予防すると言われている「ビタミンA」「ビタミンC」「ビタミンE」を多く含んでいることで有名。これらのビタミンは抗酸化作用を持っているため、その働きでがんの予防や老化の防止に役立つと言われています。

また、がんに関係する栄養素として注目されているのが「ファイトケミカル」と呼ばれる栄養素。ピーマンに含まれるファイトケミカルの種類と、その働きをご紹介します。

クロロフィルの発がん防止効果

ピーマンの緑色にはクロロフィルという色素が多く含まれています。クロロフィルには、染色体異常を抑制するという働きがあるため、発がん防止効果があると言われています。他にも、血中のコレステロール値を下げることで、血栓の発生を抑える働きがあると言われています。

ルテオリンの抗アレルギー作用・抗炎症作用

ピーマンには、「ルテオリン」と呼ばれるポリフェノールが含まれており、アレルギーに関わっている酵素の作用を阻害するという働きがあります。他にも、免疫系の調整作用を持つ可能性も示唆されており、現在多くの臨床研究が行われています。

赤ピーマンの抗酸化作用

ピーマン、というと緑のものが一般的ですが、実はさまざまな種類があり、その中には赤い色をしたピーマンもあります。この赤い色素は強い抗酸化作用を持つ「カロテノイド」です。カロテノイドは紫外線を遮断し、活性酸素を除去するという作用を持っています。

ピーマンががんに効果的とする科学的根拠

私たちの食卓において非常に身近な野菜と言えるピーマンですが、がんに効果的とする報告が行われています。

ピーマンの有効性を示唆する研究

福島県にある総合南東北病院で発行している広報誌「健康倶楽部」にて、ピーマンが「がんを予防するために食べたい野菜」として紹介されています。

ピーマンはがん予防効果の高い食品のトップクラスに位置づけられています。ビタミンACE(エ-ス)が豊富に含まれています。緑色のピーマンが一般的ですが、パプリカと呼ばれる赤と黄色のものも出回っています。赤ピーマンのビタミンCは緑色のピーマンの2~3倍あります。また、赤ピーマンの赤い色素はカプサンチンというカロテノイドです。βカロテンよりも 強い抗酸化作用があります。

引用元:総合南東北病院「健康倶楽部 がんを予防するために食べたい野菜」

総合南東北病院は、「地域がん診療連携拠点病院」として指定されている医療機関。同院の見解として、ピーマンの作用について紹介されています。

ピーマンは1990年にアメリカで行われた「デザイナーフーズ・プログラム」でも注目された野菜です。この「デザイナーズフーズ・プログラム」とはがんの予防効果を持つと報告されている40種類の食品を取り上げ、がんの抑制効果に応じてピラミッド状に並べたもの。ピーマンは下記のように紹介されています。

ピーマンのルテオリンはアレルギーに関わる酵素の作用を阻害し、トマトなどに含まれるリコペンは抗酸化力によって抗炎症作用を発揮します。

引用元:麻布医院 院長 髙橋 弘「今後の「食」を探る 免疫を整える食品」(pdf)

ピーマンに含まれるルテオリンは、「抗アレルギー作用・抗炎症作用」があるとされているポリフェノールです。アレルギーに関わる酵素の作用を阻害するという働きが期待されており、デザイナー・フーズのピラミッドの中では、上から2番目のグループに分類されています。

以上のことからも、ピーマンは日常的に摂取したいと言える野菜と言えるのではないでしょうか。

ピーマンの摂取方法

ピーマンに含まれる「ビタミンA」「ビタミンC」「ビタミンE」は、熱を加えても消失しにくいという特徴を持っているため、比較的どのような調理方法でも問題なく栄養を摂取することができるでしょう。

また、ピーマンの苦味が苦手という人もいるかもしれませんが、そのような場合にオススメなのが赤ピーマン。緑色のピーマンが熟成してから収穫したものですが、苦味も薄れ、甘みがあります。

ピーマンを摂取する際の注意点

どのような調理法でもピーマンは食べられますが、「ファイトケミカル」を効率的に摂取するためのアドバイスとして、下記のように紹介されています。

ファイトケミカルは植物の細胞壁に保護された細胞膜や細胞内に含まれています。そのため、人間が体内に吸収するには細胞壁を破壊しないといけません。しかし、細胞壁は包丁で細かく刻んだり、ミキサーで破砕する程度では壊れないた め、サラダや生ジュースのような形では、ファイトケミカルを効率的に摂取できません。

引用元:麻布医院 院長 髙橋 弘「今後の「食」を探る 免疫を整える食品」(pdf)

以上のことから、ファイトケミカルを効率的に摂取するポイントは「熱を加える」こと。熱を加えると細胞壁が壊れるので、ファイトケミカルが自然に細胞外に溶け出し、効率的に摂取することができます。例えばスープなどに入れたりするのも良いでしょう。

参考文献・参考サイト