宇野病院

三河エリアの地域医療を支える宇野病院

愛知県岡崎市にある宇野病院。急性期医療から療養期医療、リハビリテーション医療、在宅医療介護、予防医学まで総合的な医療サービスを提供している病院です。 2010年に新病棟が竣工したのを皮切りに、2012年より段階的にリニューアル。現在は26診療科目、180床に2手術室、リハビリ室、CT・MRIなどの最新医療機器を備え、三河エリアの地域医療を支える医療機関となっています。 各病棟には食堂、入浴、ランドリーといった施設をはじめ、特別食・選択食の提供、空間コーディネート、アロマテラピィを導入するなど、患者のみなさんが院内で快適に過ごせるようハード、ソフ両面を充実させていることでも評価の高い病院です。 ロケーションも国道1号と248号の交わる八帖交差点角と、車でのアクセスも抜群。岡崎公園前駅・中岡崎駅からも徒歩5分と、電車での通院も問題ありません。 医師も宇野甲矢人理事長、髙山勝行院長をはじめ、日本外科学会外科専門医、日本内科学会専門医、日本内科学会認定医、日本消化器病学会専門医、日本消化器外科学会認定医、日本内分泌学会専門医、日本麻酔科学会認定医、日本人間ドック学会認定医、日本糖尿病学会認定医、日本甲状腺学会専門医など、各分野の専門医・認定医が在籍。名古屋や浜松までいかずとも、高度な医療を岡崎でうけることができます。 免疫療法においは日本国内でトップクラスの治療実績のある、免疫細胞治療の専門医療機関「瀬田クリニックグループ」と連携。そのノウハウを随時取り入れることで、最先端の免疫療法をうけることが可能です。

宇野病院
画像引用元:宇野病院HP(http://www.uno.or.jp/)

宇野病院の免疫療法とは

宇野病院では、最先端の免疫学、分子学にもとづいて4つの免疫細胞療法を提供しています。 その4つとは、樹状細胞ワクチン療法、アルファ・ベータT細胞療法、NK細胞療法、ガンマ・デルタT細胞療法。 樹状細胞ワクチン療法は、免疫に攻撃の支持を出す樹状細胞を利用する治療法です。がん細胞だけを集中的に攻撃するよう、樹状細胞がTリンパ球を誘導するとこで効率よく治療をすすめることができます。 それに対し、アルファ・ベータT細胞療法は、Tリンパ球を増殖させる免療法。採血で採りだしたTリンパ球を培養・活性化させ、再び体内に戻すことでがんへの闘病力を高める効果が期待されます。 NK細胞療法とは、いわゆるナチュラルキラー(NK)細胞を増殖・活性化させる方法。いち早く細胞の異常を発見し、がん細胞への殺傷能力の高いNK細胞を、アルファ・ベータT細胞療法と同様に採血・培養して体内に戻す治療法です。 最後のガンマ・デルタT細胞療法は、Tリンパ球のなかでもわずか数%しか存在していない細胞「γδT細胞」を増殖・活性化させる免療法。骨腫瘍・骨転移治療薬のゾレドロン酸や、一部の抗体薬を使用しているケースでは、ガンマ・デルタT細胞療法併用することでさらに高い相乗効果を発揮する治療法として知られています。 がんの種類を問わず治療が可能であるほか、外来通院のみで入院も不要。治療はいずれも採血と点滴、もしくは注射による投与のみが基本であり、ほかの治療法と併用して施術することも問題ありません。 そのため日常生活で制約をうけることもほとんどなく、誰でも安心して治療できる治療法として注目されているのです。 これらの免疫療法を手術・抗がん剤・放射線療法のがん3大治療と併用して相乗効果を高めたり、術後のがん再発予防として活用したりしています。 もともと免疫細胞治療は患者自身の体内にある細胞を活用するため、大きな副作用はありません。

宇野病院が
行っている免疫療法と料金

  • 樹状細胞ワクチン療法(自己がん細胞感作) 1,900,800円(一治療あたりの目安316,800円)

  • 樹状細胞ワクチン療法(ペプチド感作) 1,566,000円(一治療あたりの目安261,000円)

  • 樹状細胞療法(腫瘍内局注) 1,512,000円(一治療あたりの目安252,000円)

  • アルファ・ベータT細胞療法 270,000円(1回。×実施回数分)

  • NK細胞療法 378,000円(1回。×実施回数分)

  • ガンマ・デルタT細胞療法 324,000円(1回。×実施回数分)

免疫療法を受けている人の声

  • 開業医の先生からの紹介の患者さんへのフォローがしっかりしているので、紹介状での診療でも心配ありませんでした。また、入院・治療している患者の情報をきちんと開業医のほうへも連絡してくれているため、もとの病院での診察・治療時も安心です。病棟もあたらしくなっているし、いい病院だと思います。

  • 三河でも評判の病院だけあって、待合室はいつも混んでいる印象。でも院内は病院とは思えないほどセンスがあってきれいだし、時間に余裕をもって行けば問題ないと思います。初診時は予約外で待ち時間は30分ほどでした。先生をはじめ、看護師さんや受付の方の対応もこれといって問題なく、とくに不快な思いをすることなく診療してもらえるのではないでしょうか。

  • 先生はすごく患者に対して理解のある方で、こちらの不安などもすべてわかってくれたうえで診療や説明をしてくれます。そのため、とても説得力と信頼感があり、安心して治療にのぞむことができました。今回、数年ぶりに通院しましたが、以前とは見違えるほどきれいでいい病院になったという印象です。

  • 以前、ほかの医療機関で検査・治療したときは痛くてとても耐えきれず、「二度と同じ体験はしたくない」と強く思ったものですが、こちらでは鎮痛剤なしで検査してもまったく苦痛はありませんでした。先生の説明も丁寧でわかりやすいし、看護師の人たちもテキパキとはたらいていてとても気持ちのいい病院です。設備があたらしくきれいなところもよかったです。

宇野病院の基本情報の基本情報

院長 髙山 勝行(消化器科、肛門科。日本外科学会認定医、日本医師会認定産業医)
所在地 愛知県岡崎市中岡崎1-10
アクセス 名鉄本線「岡崎公園前駅」より徒歩5分、もしくは愛知環状線「中岡崎駅」より徒歩5分。またはJR東海道線「岡崎駅」より車で10分。
受付時間 午前外来診療9:00~12:00(月~土)、午後外来診療15:00~18:00(月~金)
公式サイトURL http://www.uno.or.jp/