瀬田クリニック

1999年から免疫細胞療法を提供するクリニック

国内で初めてのがん免疫細胞治療専門医療機関として開院。現在は東京・新横浜・大阪・福岡の4院があり、樹状細胞ワクチン療法やアルファ・ベータT細胞療法を提供しています。全国に提携している医療機関があり、地方の方でも治療を受けやすいクリニックです。多くの大学病院や中核医療機関との共同臨床研究も行われており、論文も発表しています。

瀬田クリニック(サイトイメージ)
画像引用元:瀬田クリニックHP(http://www.j-immunother.com/)

国内初の「がん免疫細胞療法クリニック」

東大教授であった江川滉二氏が創設したクリニック。免疫研究を続けていた東大教授時代、がん患者が副作用に苦しむのを見て、研究をそういった人のために役立てたいと考えクリニックを立ち上げました。

主に樹状細胞ワクチン療法やアルファ・ベータT細胞療法を用いていますが、患者自身の状態やがんの性質を検査し見極めたうえで、CTL療法、ガンマ・デルタT細胞療法、NK細胞療法なども使い分ける細やかさがあります。

在籍する医師も、国立・県立がんセンターや、テキサス大学がんセンター、ハーバード大学がん研究所などがん治療の最先端施設の経験者ばかり。このような実績があるからこそ、いくつもの免疫療法の中から患者に最適な治療法を提供できます。

瀬田クリニックが行っている
免疫療法と料金

  • 樹状細胞ワクチン療法

    自己がん細胞感作樹状細胞ワクチン療法 1,900,800円(1回あたり 316,800円)
    ペプチド感作樹状細胞ワクチン療法 1,566,000円(1回あたり 261,000円)
    腫瘍内局注樹状細胞療法 1,512,000円(1回あたり 252,000円)
    ※6回投与の金額。状態によって12回まで治療実施。

  • アルファ・ベータT細胞療法 1回あたり 270,000円

    ※1クール6回投与(初診料・免疫機能検査などその他費用込み)で、合計1,803,600円。
    毎回採血をし、培養、投与を6回繰り返す。細胞加工技術料と管理料金が上記1回分の270,000円。

  • ガンマ・デルタT細胞療法 1回あたり 324,000円

    ※1クール6回投与(初診料・免疫機能検査などその他費用込み)で、合計2,127,600円。
    毎回採血をし、培養、投与を6回繰り返す。細胞加工技術料と管理料金が上記1回分の324,000円。

  • NK細胞療法 1回あたり 378,000円

    ※1クール6回投与(初診料・免疫機能検査などその他費用込み)で、合計2,451,600円。
    毎回採血をし、培養、投与を6回繰り返す。細胞加工技術料と管理料金が上記1回分の378,000円。

  • CTL療法 1回あたり 378,000円

    ※1クール6回投与(初診料・免疫機能検査・胸腹水処理などその他費用込み)で、合計2,451,600円。
    毎回採血をし、培養、投与を6回繰り返す。細胞加工技術料と管理料金が上記1回分の378,000円。

免疫療法を受けている人の口コミ評判

  • 抗がん剤治療とタイミングを合わせて免疫細胞療法を受けています。難しいことも納得できるまで説明してくださいますし、これまで抗がん剤単独の治療で辛かった体調も少し上向いてきたように感じます。まだがんの縮小など明確な結果はでていませんが、体調が落ち着いてきたことは今の私にとって重要です。試してみてよかったと思っています。

  • たまたまがんの性質とマッチしてたんでしょうかね。これまでに手術もしたし、抗がん剤も試して一定の縮小は見られたものの、その後の一押しが足りなかったんですが、CTL療法が効いているような気がします。少しですが、がんが小さくなったと主治医に言われました。このまま抗がん剤と併用できたらと思います。様子を見ているところです。

  • 会社から行けといわれた健康診断で、初期の胃がんが見つかりました。ごくごく初期ということで、できれば抗がん剤や放射線治療は受けたくないと思いました。主治医もQOLを重視してくれる人だったので、免疫療法との併用を快く許してくれ、最低限の量の抗がん剤とともに免疫療法を受けています。2年経ちましたが今のところ再発の気配もないようです。

  • 肺がんの末期といわれました。ショックで途方にくれていた私に、妻が免疫療法を試してみたらといってくれました。説明会や書籍を読むところからのスタートでしたが、初めて相談に行った際に、いい先生だと直感し、治療をお任せすることにしました。余命半年といわれましたが、今現在そのボーダーラインをなんとか越すことができました。少なくとも体力の衰えや苦痛はありません。

  • とにかく抗がん剤がつらくて…。吐き気やめまいが続き、がんの拡大はないものの、いつもの生活ができないことが本当に苦しかったです。免疫力をあげて、がんとともに生きるという考え方を知り、免疫療法を試すことにしました。がんは相変わらず体の中にありますが、拡大しないならよし。その上で以前の生活を取り戻すことを手助けしてくれた免疫細胞療法は、私にとってムダではありませんでした。

  • 生きるためなら何でもする、という身上でここまできましたが、生まれて65年でとうとうがんに捕まってしまいました。一瞬目の前が暗くなりましたが、「生きるためなら何でもする」と決め、担当医の了承のもと、手術・抗がん剤と併用できる免疫細胞療法をチョイスしてもらいました。幸いなことに今使っている抗がん剤との相性がよい免疫療法がみつかり、じわじわとですががんが縮小しています。

瀬田クリニックの基本情報

※情報は瀬田クリニック東京のものです。
院長 後藤重則(県立がんセンター新潟病院・帝京大学生物工学研究センター講師・帝京大学医学部講師・東京医科大学内科学兼任講師)
所在地 東京都千代田区神田駿河台2-1-45 ニュー駿河台ビル 3F
アクセス JR御茶ノ水駅徒歩2分
診療時間 10:00~13:00/14:00~17:00 土日祝休診 完全予約制
公式サイトURL http://www.j-immunother.com

瀬田クリニックをみている人が
チェックしているクリニック

  • 湘南メディカルクリニック(サイトイメージ)
    画像引用元:湘南メディカルクリニックHP(https://www.immunotherapy.jp/)

    湘南メディカル
    クリニック

    免疫療法で細胞たちに「アクセル」をかけるだけではダメ。がん細胞が免疫細胞に「ブレーキ」をかける行為を排除する「免疫チェックポイント阻害剤」を併用することで、より明確な免疫細胞療法を提供。がん細胞が張ったバリアを解除できれば、これまでの免疫細胞療法もさらに力を発現できます。ターミナル医療にも力をいれており、経過観察入院も可能です。

    さらに詳しく
  • 東京MITクリニック(サイトイメージ)
    画像引用元:東京MITクリニックHP(http://www.comfort-hp.com/)

    東京MITクリニック

    がんに立ち向かうため、「チーム医療」を実践。患者にマッチした治療法を導き出すのは、がんと免疫の状況を事細かにチェックする血液検査が可能だからです。治療法も一定でなく、状態や治療の進み具合にあわせて微調整。技術力だけでなくきめ細やかさがあればこそ、これまで2万件を超える実績があるのでしょう。知的層・富裕層向け雑誌にも取り上げられたことがあります。

    さらに詳しく
  • がんのクリニック(サイトイメージ)
    画像引用元:がんのクリニックHP(http://gannoclinic.jp/)

    がんのクリニック

    高活性化NK細胞療法、高活性化アルファ・ベータT細胞療法、樹状細胞療法、自家がんワクチン療法を柱に、高濃度のサプリメントをがん治療プロトコールに沿って服用する「体全体免疫力アップ」を提唱するクリニック。無料相談会も定期開催、患者のみならず家族からの相談も受け付けており、家族一丸となってがんに立ち向かう人たちのよりどころとなっています。

    さらに詳しく