HOME » 癌の免疫療法が受けられる病院リスト » 銀座並木通りクリニック

銀座並木通りクリニック

がんの緩和診療をメインに、幅広い外来診療に対応

一般診療から女性専門や禁煙・EDなどの専門外来まで幅広くラインナップしつつ、がんの緩和診療をメインとするクリニック。院長の三好先生は癌研究会付属病院や癌研究会癌研究所などでのキャリアを持ち、現在のクリニックでは10年近い実績があります。がん治療では免疫療法だけでなく、抗がん剤の緩和的投与である休眠療法にも力を入れていて、がん薬物治療に精通した薬学博士が顧問に就いていることも信頼につながっています。がん治療の無料セミナーも実施しているので、緩和診療に興味があれば一度参加してみてください。

銀座並木通りクリニック
画像引用元:銀座並木通りクリニックHP(http://www.ginzanamiki-clinic.com/)

がんの緩和診療をメインに、幅広い外来診療に対応

銀座並木通りクリニックが採用しているがんの免疫療法は自家がんワクチン療法。これは外科手術で摘出したがん組織を使ってがんワクチンを作り、それによってリンパ球を活性化することでがんを攻撃しようというもの。この療法は理化学研究所・元細胞開発銀行室長の大野忠夫博士による基礎実験からスタートして、筑波大学脳神経外科や東京女子医科大学脳神経外科で臨床試験を行ってきた実績があります。がん細胞を攻撃するリンパ球はCTL(細胞障害性T細胞)と呼ばれ、自分の身体から手術切除したがん組織を今度は治療のためのツールとして活用できるようになるわけです。 こうした療法の特性もあり、銀座並木通りクリニックに相談する患者は外科手術をはじめとしてがんの三大治療をある程度実践した上で、それだけでは足りずに他の治療方法を模索しているケースが目立ちます。自分のがん細胞がないとワクチンを作ることもできないので、他の病院で手術を受けて、約2g程度の手術摘出標本を準備しておく必要があります。

銀座並木通りクリニックが
行っている免疫療法と料金

  • 事前相談 30,000円

  • 自家がんワクチン 1,430,000円

免疫療法を受けている人の声

  • 銀座並木通りクリニックでは低用量抗がん剤治療を受けました。当時はまだ自分で通院することもできて、先生には本当にお世話になったと感謝しています。現在はある病院で闘病生活をおくっているのですが、先日、銀座並木通りクリニックの先生と相談員の方がわざわざ来てくださって、いろいろと相談にのってもらうことができました。事前に電話で会話した時の印象よりはしっかりしているように見えると言ってもらい、少し安心できました。ただ、銀座並木通りクリニックでの治療に戻れるかどうか、これは簡単なことではなく、逆にもっと頑張ろうというモチベーションになっています。

  • カゼにかかって飛び込みで診ていただいたのが、こちらのクリニックとのお付き合いのきっかけでした。特に事前チェックしたわけでもなく、職場に近かったことが理由で足を運んだのですが、実際行ってみて大正解でした。担当してくださった女医さんはとても優しい方で、診察内容もわかりやすく説明していただけました。女性相談外来という専門科があって、貧血やダイエット、体質改善、美容などについても相談できるとのことなので、これをきっかけに今後いろいろとお世話になりたいと思います。

  • 普段からカゼをひいた時などにお世話になっているクリニックです。今回は指先をスライサーで切ってしまって、なかなか出血が止まらなかったので診てもらいました。このクリニックは、受付スタッフや看護師さん、そして先生の診察も含めてテキパキと対応してくれるという印象です。これも銀座という場所柄、ビジネスマンの患者が多いことからスピーディーかつ的確に対応することを心掛けているのかもしれません。もちろん、雑に治療するということではなく、質問などにもきちんと答えてくれます。行く時はだいたい事前に電話して、予約できるか相談しています。予約できない時でも混雑状況はわかるので、ムダに待ち時間を過ごすこともありません。

  • 最初に父の腎臓がんが見つかった段階では大学病院で初期だと言われたのが、その9ヶ月後には末期と言われ、結果的には発見から1年半も経たないうちに亡くなってしまいました。今にして思えば初期の病院選びをもっと慎重にしておけばよかったと後悔しています。大学病院で診てもらっていましたががんの専門ではなく、手術もうまくいかなかったようです。悪性で薬が効かないと言われて、遅まきながら免疫療法の自家がんワクチンを始めたのですが、もっと早くからこのワクチンを使っていれば違った結果もあったのかもしれません。自家がんワクチンは効果が出るのは3ヶ月程度先になるので、末期になる前から通う方がいいことも、後から知った次第です。

  • 自分の親ががんになるまでまったく無知でしたが、医師に相談する際は自分でもある程度の知識が必要なことを実感しました。当時、親はもうだいぶ弱気になっていて、いろいろな治療に取り組むことにも消極的でした。そのため、先生との相談もほとんど私が対応したのですが、その時はがんの種類や組織型について何も知らず、後になって後悔する要因となっています。通常病院で対応してくれるがん治療は三大治療と呼ばれる手術・抗がん剤・放射線で、第四の治療方法である免疫療法を知ったのも後になってからでした。自家がんワクチンは進行がんには向かないようですが、あまりステージが進んでいないケースなら、再発防止にはいいようです。

銀座並木通りクリニックの基本情報の基本情報

院長 三好 立(産業医科大学卒業、癌研究会付属病院や癌研究会癌研究所、福岡大学第二外科などを経て現職。東京慈恵会医科大学教授を定年退職後名誉教授となり現職。日本臨床腫瘍学会や日本癌治療学会などに所属)
所在地 東京都中央区銀座4-2-2 第1弥生ビル7F
アクセス 丸ノ内線・銀座線・日比谷線銀座駅C8出口直結、JR有楽町駅徒歩4分
受付時間 10:00~18:00(土曜・日曜・祝日休診)
公式サイトURL http://www.ginzanamiki-clinic.com/