和歌山県立医科大学附属病院のがん治療(免疫療法)の特徴と口コミ評判

がん治療にプラス免疫~免疫療法のすべて~

これから癌を克服していこうとする人たちへ

がんの3大治療と免疫療法の関係

閉じるボタン

免疫療法のすべて » 【和歌山】癌の免疫療法が受けられる病院リスト » 和歌山県立医科大学附属病院のがん治療(免疫療法)の特徴と口コミ評判
  

和歌山県立医科大学附属病院

「腫瘍センター」の理念

和歌山県立医科大学附属病院では、臓器横断的で職種横断的なチーム医療を基本とした先進的・集学的ながん診療の充実を図るとともに、和歌山県内のがん専門医等の育成に務めることを目的とし、2009年10月に「腫瘍センター」を新設しました。センター診療部門の化学療法部門・放射線治療部門・緩和ケア部門がそれぞれの特性を活かしてがん診療を行い、Cancer boardを積極的に開催、院内・地域がん登録の整備促進を図りがん診療の評価・研究、がん患者や家族への情報提供、がん診療の啓発活動(各種研修会・講演会)などを通して地域との連携強化を図る、卒後臨床研修センターとの連携によりがん専門医の育成を図る、病院機能と教育システムの整備推進を図る、といったことを基本理念としています。

掲載している治療法はすべて保険適用外の自由診療のため、全額自己負担になります。

症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。

また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なりますので、不安な点については、各クリニックの医師に直接確認・相談してから治療を検討することをおすすめします。

腫瘍センターの緩和ケア

ホスピス・緩和ケア病棟では基本的に抗がん治療を行わないことで、がん医療の中では「緩和ケア=ターミナルケア」と考えられがちです。しかし「がん対策基本法」では、がん早期からがん患者さんの療養生活の質の向上をするべきだと明記されており、がん医療には「治療の初期段階からの緩和ケア」が求められています。和歌山県立医科大学附属病院緩和ケアチームは、一般病棟入院中のがん治療中の患者に対し、身体的症状(痛み・吐き気・息苦しさ・だるさなど)と、精神的症状(不安・眠れない・気持ちが落ち込むなど)の緩和だけでなく、退院支援やご家族のサポート、治療スタッフのサポートを行っています。主治医に鎮痛剤処方・症状緩和に関する治療法の主治医への相談・提案、ケアに関する担当看護師への相談・提案、地域連携(診療所・訪問看護ステーション・介護事業所)の調整など、コンサルテーション型活動を行っています。

和歌山県立医科大学附属病院が行っている
免疫療法と料金

公式HPに情報が見つかりませんでした。クリニックにお問合せください。

免疫療法を受けている人の口コミ評判

免疫療法に関する該当病院の口コミは見つかりませんでした。

和歌山県立医科大学附属病院の基本情報

※情報は和歌山県立医科大学附属病院のものです。
院長 山上 裕機
所在地 和歌山県和歌山市紀三井寺811番地1
アクセス JRきのくに線 紀三井寺駅下車 徒歩約7分
診療時間 受付 午前 8:30 ~ 11:30
再診 午前 9:00~15:00
休診日 土・日・祝日・年末年始
電話番号 073-447-2300
公式サイトURL http://www.wakayama-med.ac.jp/