表参道吉田病院のがん治療(免疫療法)の特徴と口コミ評判

がん治療にプラス免疫~免疫療法のすべて~

これから癌を克服していこうとする人たちへ

がんの3大治療と免疫療法の関係

閉じるボタン

免疫療法のすべて » 【熊本】癌の免疫療法が受けられる病院リスト » 表参道吉田病院のがん治療(免疫療法)の特徴と口コミ評判
  

表参道吉田病院

独自の「活性化自己リンパ球・NK細胞療法」

表参道吉田病院では、従来の「活性化自己リンパ球療法」を改良した、「活性化自己リンパ球・NK細胞療法」を行なっています。活性化される主な免疫細胞はキラーT細胞(CTL)を含むTリンパ球とNK細胞。キラーT細胞は、がん細胞表面にあるMHC Class(主要組織適合抗原クラス)を手がかりにがん細胞を認識・攻撃しますが、NK細胞はMHC Classの有無に関係なく、MHC Classを隠して増殖するがん細胞に対しても攻撃ができる、という点が違います。

「活性化自己リンパ球・NK細胞療法」ではリンパ球とNK細胞を活性化し、細胞の数も数十億個に増やして患者の体に戻すことにより、同時に樹状細胞も活性化されるので、今までよりも高い治療効果が期待できます。

掲載している治療法はすべて保険適用外の自由診療のため、全額自己負担になります。

症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。

また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なりますので、不安な点については、各クリニックの医師に直接確認・相談してから治療を検討することをおすすめします。

免疫細胞治療の詳しい解説と最近の新しい治療法

吉田総院長はがん転移のメカニズムを研究していく上で、がん細胞の遊走因子を世界で最初に発見、科学誌「ネイチャー」に発表しました。また「活性化自己リンパ球・NK細胞治療」を導入し、再発転移した多数の進行がん患者に実施して、多くの有効例をあげています。

これまでさまざまなテレビ・ラジオ番組に出演し、講演会も実施し、精力的に活動されています。新聞や雑誌にもがん免疫療法がとりあげられています。また産経新聞社より、吉田総院長執筆の「新しいがん治療への挑戦」が発刊されており、表参道吉田病院で実施している免疫細胞治療の詳しい解説、最近の新しい治療法などが紹介されています。

表参道吉田病院が行っている
免疫療法と料金

公式HPに情報が見つかりませんでした。クリニックにお問合せください。

免疫療法を受けている人の口コミ評判

免疫療法に関する該当病院の口コミは見つかりませんでした。

表参道吉田病院の基本情報

※情報は表参道吉田病院のものです。
院長 吉田 憲史
所在地 熊本県 熊本市中央区 北千反畑町2-5
アクセス 熊本電鉄 藤崎宮前下車、徒歩5分
診療時間 平日 午前9:00~12:00 午後13:00~17:00
土曜日 午前9:00~12:00
休診日 日曜・祝日
電話番号 096-343-6161
公式サイトURL http://www.kiseikai.or.jp/

このクリニックをみている人が
チェックしているクリニック