身体に負担の少ないがん治療  注目を集めている免疫療法とは

免疫療法―「がん治療の友」として
あなたを支えます

免疫療法は、免疫細胞の働きをパワーアップさせることで、がんと対抗しようとする治療法。がんの三大治療(手術・抗がん剤・放射線治療)と併用でき、副作用がほとんどないというメリットがあります。

  • 免疫療法(イメージ)
  • 免疫療法(イメージ)
  • 免疫療法(イメージ)

免疫細胞治療(免疫療法)の
正しい知識

「聞いたことはあるけれど詳細を知りたい」「三大治療法に追加して免疫細胞治療を取り入れたいと思っている」「三大治療法が使えない状況で他の治療法を探している」という方にぜひ読んでいただきたい、免疫療法(免疫細胞治療、免疫細胞療法)の基礎知識を解説。人間の免疫システムについて、免疫細胞療法ががんに効果がある理由、免疫治療の具体的な方法と流れ、いくつかある治療法ごとの費用目安などをまとめています。

今注目の免疫細胞治療(免疫療法)の回復症例

免疫療法はどのような効果があるのでしょうか。ここでは、免疫療法の可能性にかけ、良好な治療結果を得た人の症例をご紹介します。どのような状態からどのような治療を行ったのか、彼らがなぜ免疫療法を取り入れるに至ったのかなど、免疫細胞治療に興味のある方が本当に知りたい免疫療法の実態に迫ります。がんを恐れて尻込みするのか、勇気を持って一歩踏み出すのか、どうやらそこが治療成績の違いのようです。

  • 症例1
    【NK細胞療法
    +免疫チェックポイント阻害剤】

    腎臓癌が肺やリンパ節へ転移してしまった53歳男性。抗がん剤を使用してもがんの増大を止めることができず、さらに強い抗がん剤を勧められましたが、副作用が辛く拒否。免疫療法を行い、転移がんが消失、もしくは縮小した。

    症例1 症例1
    画像引用元:湘南メディカルクリニックHP(https://www.immunotherapy.jp/result/nivolumab_001.html)
  • 症例2
    【免疫チェックポイント阻害剤】

    乳がんの手術を受けたがその後再発し、肺や脳にまで転移してしまった34歳女性。免疫細胞治療と免疫チェックポイント阻害剤を併用すること2ヶ月、通院時に必要だった車椅子も不要に。脳への転移もほとんど消失した。

    症例2 症例2
    画像引用元:湘南メディカルクリニックHP(https://www.immunotherapy.jp/result/nivolumab_001.html)

よくわかる
免疫療法の種類

今現在様々なクリニックや病院で提供している免疫細胞療法にはいくつかの種類があります。各種免疫細胞の働きが判明した時代によって、それら免疫細胞療法の受け持つ役目や効果に変化があらわれます。発見と研究は更なる発見を呼び、今では一般の病院で受ける三大治療の中に取り入れられた薬剤もあります。これらの歴史や各種免疫細胞療法の現状、その成果など、総合的に免疫細胞療法の世界を説明していきます。

免疫細胞治療
(免疫療法)が
働く病気と回復症例

免疫細胞治療は、手術・抗がん剤・放射線といったがんの三大治療に続く、「第四の治療法」と呼ばれています。そう呼ばれるだけの効果があることは、これまでの実例を見れば一目瞭然。三大治療に比べて、身体に優しく副作用もないので、注目を集めています。免疫細胞療法の効果が見込める理由とともに、様々な種類のがんでどのような治療成績を挙げているのかを紹介します。

  • 肺がん(イメージ)

    肺がん Lung cancer

    肺がんは、日本人の死因トップ。タバコのみならず、私たちが吸う空気にもPM2.5など肺がんの原因とされるものが漂っています。

    more
  • 乳がん(イメージ)

    乳がん Breast cancer

    乳がんは、年間4万人近くが診断されている国民的な病。とはいえ、定期的なセルフチェックで発見できる可能性が高いがん。

    more
  • 大腸がん(イメージ)

    大腸がん Colorectal cancer

    食の欧米化が進み、この40年で摂取する肉が10倍に増えたことにより、大腸がんも急増。国民全員が気をつけるべきがんです。

    more
  • すい臓がん(イメージ)

    すい臓がん Pancreatic cancer

    すい臓がんは「がんの王様」。転移しやすく、気づいたときには深刻な状況というケースも多いので、気になったらすぐに検査を。

    more
  • 胃がん(イメージ)

    胃がん Gastric cancer

    胃がんは罹患率と患者数でともにトップのがん。早期発見さえできれば治療も比較的難しくはないと言われているがんです。

    more
  • 肝臓がん(イメージ)

    肝臓がん Liver cancer

    沈黙の臓器と呼ばれ、気づきにくいがん。肝硬変を経て、もしくはC型・B型肝炎からがんへと進行することが多いです。

    more
  • 食道がん(イメージ)

    食道がん Esophageal cancer

    食生活や嗜好品(アルコール・タバコ)に大きく影響されるがん。暮らしぶりひとつで、がんの発生や拡大を抑えることが可能。

    more
  • 皮膚がん(イメージ)

    皮膚がん Skin cancer

    皮膚がんは、体内ではなく体の外にできる珍しいがん。つまり、自分自身でチェックすることで早期発見も難しくありません。

    more
  • 末期がん(イメージ)

    末期がん Metastatic cancer

    「末期がん」と聞くととても重い言葉ですが、実はその定義は曖昧。どういう時に末期と判断し、余命宣告するのか解説します。

    more

癌の免疫療法が
受けられる
病院リスト

免疫療法は、ごく限られた医療機関でしか行っていません。それぞれのクリニックや病院ごとに治療法の特徴があり、目指す医療の方針によって扱っている免疫療法が異なります。免疫療法を取り入れたいと情報を探し始めた方から、単純に興味を持っている方へ、免疫療法が受けられるクリニックや病院の情報をお伝えします。症状に合った免疫療法を見つけるための参考にしてください。

  • 湘南メディカルクリニック

    湘南メディカルクリニック(サイトイメージ)
    画像引用元:湘南メディカルクリニックHP(https://www.immunotherapy.jp/)

    できるだけ多くの方に受けて欲しいという考えから、保険適応外の治療であっても、徹底したコストダウンを行い、他のクリニックの約半分の金額で治療が受けられます。免疫細胞療法はもちろん、今注目の免疫チェックポイント阻害剤による治療成績もあげています。

  • 瀬田クリニック

    瀬田クリニック(サイトイメージ)
    画像引用元:瀬田クリニックHP(http://www.j-immunother.com/)

    1999年に免疫細胞療法を提供し始めたクリニック。樹状細胞ワクチン療法、アルファ・ベータT細胞療法で知られています。大学病院や中核医療機関との連携もとっていますし、東京・新横浜・大阪・福岡の4院体制で、通いやすいクリニックとしても知られています。

  • 東京MITクリニック

    東京MITクリニック(サイトイメージ)
    画像引用元:東京MITクリニックHP(http://www.comfort-hp.com/)

    免疫細胞療法には血液検査が重要で、そこには免疫システムの状態やがん細胞の情報があるという方針。リスクチェッカーという検査で、免疫細胞療法に必要な情報を揃えます。樹状細胞ワクチン療法、サイトカイン誘導治療、アポトーシス誘導治療などを実施。

  • セレンクリニック

    セレンクリニック(サイトイメージ)
    画像引用元:セレンクリニックHP(https://serenclinic.jp/)

    セレンクリニックの樹状細胞ワクチン療法は、各種学会でも研究内容を発表しており、雑誌などでも取り上げられています。三大治療法と免疫細胞療法の併用を提唱していて、技術を提供している企業との強力なタッグで、免疫細胞療法の普及を図っています。

  • がんの
    クリニック

    がんのクリニック(サイトイメージ)
    画像引用元:がんのクリニックHP(http://gannoclinic.jp/)

    免疫療法のみならず、体全体のコンディションを整えるための自律神経免疫療法、温熱療法など多くの治療を行います。

  • 日比谷内幸町
    クリニック

    日比谷内幸町クリニック(サイトイメージ)
    画像引用元:日比谷内幸町クリニックHP(http://www.hu-clinic.com/)

    三つの免疫細胞を組み合わせた「複合免疫細胞療法」を提供。一度の採血で三種の免疫療法を受けられます。

  • プルミエール
    クリニック

    プルミエールクリニック(サイトイメージ)
    画像引用元:プルミエールクリニックHP(http://premiereclinic.net/)

    免疫細胞療法のパワーを切らさないために、投与のタイミングが重要、という考え方のもとで治療を行っています。

  • 東京ミッドタウン
    先端医療研究所

    東京ミッドタウン先端医療研究所(サイトイメージ)
    画像引用元:東京ミッドタウン先端医療研究所HP(http://www.midtown-amc.jp/)

    在籍する医師は、長年がん治療を行ってきた人ばかり。大学病院と連携をとっていて、必要に応じて紹介も可能。

  • 白山通り
    クリニック

    白山通りクリニック(サイトイメージ)
    画像引用元:白山通りクリニックHP(http://www.hakusan-s.jp/)

    「がんとの共存」を早くから提唱してきたクリニック。がんという“部分”ではなく、患者という“全体”を見て、QOLを重視。

  • ニューシティ大崎
    クリニック

    ニューシティ大崎クリニック(サイトイメージ)
    画像引用元:ニューシティ大崎クリニックHP(http://www.nco-clinic.jp/)

    1回当たり60億個以上のNK細胞投与を行う「NK細胞療法」を推奨。NK細胞のマルチぶりを引き出す治療法です。

  • ビオセラ
    クリニック

    ビオセラクリニック(サイトイメージ)
    画像引用元:ビオセラクリニックHP(http://www.bio-c.jp/)

    がん治療には、身体全体へのサポートと心のサポートが不可欠。そのため、薬剤師や心理士も在籍しています。

  • 乾がん免疫
    クリニック

    乾がんクリニック(サイトイメージ)
    画像引用元:乾がんクリニックHP(https://inui-cl.com/)

    免疫療法だけではなく、高濃度サプリメント、集束超音波治療法など、多様な治療に対応しているクリニックです。